1. 韓国の名無しさん
  2. 本当に日帝時代が民族の悲劇なのだろうか?

    第二次世界大戦のとき、日本がやったことがおかしなことばかりだが
    民衆たちは朝鮮時代のときも、強占期なんかでいつも苦痛を受けていた

    どうして幸せだった朝鮮が、日本のせいで苦しめられたと教えるのだろうか?

    民衆から膏血を絞っていた李氏たちと両班たちがいなくなったこと以外、変わったことなんてないのに
    どうして現代大韓民国の国民は、旧王朝が滅びたことについて痛恨の思いを感じるように強制させるんだ?

    少なくとも植民地時代は、税金を払う金がなくて自分の子供を売った、だなんて話は聞いたことないんだけど

    引用元:「https://goo.gl/V9nYyo」

  3. 韓国の名無しさん
  4. そうだよ、うちのおじいさんも日本で金を稼いできてたらしいし

  5. 韓国の名無しさん
  6. ↑日本に行って金を稼いできたってことは
    普通太平洋戦争以前に日本に渡ったってことだと思うんだけど

  7. 韓国の名無しさん
  8. 最近、断片的にだけど近代史を勉強して思ったことは
    韓日併合は両班士大夫には悲劇だったが
    一般民衆の暮らしはむしろもっとよくなったのだと思う

    両班、平民の身分社会が事実上解体され
    一般人たちもちゃんとした法律によって裁判を受けられるようになった

  9. 韓国の名無しさん
  10. ↑修能試験のときから韓国史検定、大学の授業まで歴史をある程度学んだけど
    本当に勉強すればするほど、日本を悪く言うことはひとつもない
    本当にいつ潰れてもおかしくなかった国だったんだし

  11. 韓国の名無しさん
  12. ↑悪く言うことはひとつもないって…
    イルポン教授に洗脳でもされたのか

  13. 韓国の名無しさん
  14. 王朝の歴史の全ては支配層中心だから悲しいよな

  15. 韓国の名無しさん
  16. ただ他民族の支配を受けたというだけだ

  17. 韓国の名無しさん
  18. 国を失ったから当然悲劇だろ
    愛国心のないやつらだな

  19. 韓国の名無しさん
  20. ↑俺は大韓民国国民なのに、なんで李氏朝鮮に愛国心なんか持たなくちゃいけないんだよ

  21. 韓国の名無しさん
  22. ↑俺たちの先祖の国じゃないか
    何も分かってないやつだな

  23. 韓国の名無しさん
  24. 収奪らしい収奪は40年代に行われた
    それは日本も同様だ
    朝鮮が国らしい国だったかは分からない
    勢道政治100年があまりにも深刻だった
    民衆が飢えて死んでいくというのに…

    人口だけを見ても、日帝強占期に人口が2倍に増えたのは確実
    たまに1人あたりのGDPは変わってないっていう馬鹿がいるが…

  25. 韓国の名無しさん
  26. うん、どっちも病身だな

  27. 韓国の名無しさん
  28. もともと病身国家だったけど、まるで日本のせいでもっと病身国家になったかのように
    話すんだよな

  29. 韓国の名無しさん
  30. 韓国>>>高句麗>渤海>高麗、百済>>>>>新羅>>日本支配期>>>朝鮮

  31. 韓国の名無しさん
  32. 父方の祖父は日本の徴用に連れて行かれた
    でも不思議と反日感情はひとつもないんだよな
    反日感情だって洗脳だ
    日本の歴史学者の言うとおり、土台のゆるい韓国政府の正当性をごり押しするために作っただけだ

  33. 韓国の名無しさん
  34. ↑それじゃあ朴正煕も国民を洗脳したってことになるのか?

  35. 韓国の名無しさん
  36. 土地の登録をせず、土地を奪われた両班の訴えだろどうせww

  37. 韓国の名無しさん
  38. ↑日本植民地時代は土地登録をせず、土地を奪われた人はいない
    日本は朝鮮王朝の”小作権”を否定しただけだ

  39. 韓国の名無しさん
  40. だから保守は親日派って言われるんだよな

  41. 韓国の名無しさん
  42. 日本が韓国の近代化に、ある程度影響を与えたのはファクトじゃないの?

  43. 韓国の名無しさん
  44. ↑確かにそうだ
    しかしそれで植民地化を正当化するのはおかしくないか?

  45. 韓国の名無しさん
  46. 確かにそうかもなww
    壬申倭乱のときに滅びてるべきだったのにww

  47. 韓国の名無しさん
  48. 日本が起こした国際戦争に参戦を強要されたじゃないか…

  49. 韓国の名無しさん
  50. でもどうせ潰れそうな国だったからなぁ

    他にもこんな記事が読まれています